★鮮度抜群! 活オマール海老

 大自然に恵まれた国カナダ。その東海岸で捕れる、世界中で人気の食材。

 

 それが『オマール海老』です。

 

 名前の由来はフランス語で「ハンマー」を意味する“homard”(オマール)から。その名の通りハンマーのような大きなハサミはもちろんのこと、腕も尻尾もプリプリの身が詰まっています。

 漁獲後は現地の工場で厳選され、丸1日かけて日本に空輸されてきます。その後、弊社へと運ばれ、選ばれた物の中でもさらに厳選されたオマール海老がお客様の下へと届きます。

 

 

 

★海洋国家 カナダ

 

 カナダは国土を北極海・大西洋・太平洋に囲まれ、国内に無数の湖や豊かな森林を有する一大海洋国家です。そのカナダを取り巻く水系は、数多くの豊かな水産資源を育んでいます。

 当店で取り扱うオマール海老も、この豊かな自然環境の中で育ったものです。その品質の高さは、ホテルや結婚式場を始めとした多くのお客様から高い評価を受けています。

 

 

 

 

★1匹で色々お得

 

 オマール海老で食べられる部分は主に爪・腕・尻尾ですが、部位によって肉質が違います。

爪や腕はタラバ蟹のような旨みと食感。尻尾はプリプリで食べ応え抜群! 1匹で色々な楽しみ方が出来るすごい奴なんです!

 濃厚なミソを基にソースを作って一緒に食べれば、さらに美味しく味わえます。

 

 

 

★調理は難しい・・・?

 いえいえ、そんなことはありません!

●10分ほど茹でる! 殻を割ってそのままガブリといっちゃって下さい!

●網の上で全体を均等に焼く! 殻を割って同じくガブリといっちゃって下さい!

●5分ほど茹でて半分に割る! 断面にホワイトソースとチーズを乗せてオーブンで焼けば、お洒落なテルミドール風に!

 

 その他、色々な方法はありますが、想像以上に簡単に調理が出来るんです(^▽^)ⅴ

 

 

 

★海老は縁起物

 

 古くから「鯛」と並んで縁起物とされてきた海老。「海の老人」と書くとおり、長いヒゲと背の丸まった姿から健康に長寿を全うするとして、縁起が良いとされています。

 また、茹でると赤色になりますが、この赤色が「神様の好む色」「邪気を祓う色」ともいわれています。

 さらに、海老は脱皮を繰り返して大きくなるので、「一皮向けて成長する」といった験担ぎもあるようです。

 

 

★お届け状態

 活きたオマール海老は、保冷剤としっかりと水分を含んだ新聞紙の入った発泡スチロールに梱包されてお客様の下へ届きます。

 

 

※注意事項

到着後は出来るだけ早く(12時間以内に)調理を行ってください。

一時的に保管する場合は、季節によって保管方法が若干変わります。

 

気温が高いとき → 夏場などの気温が高い場合は、オマール海老を濡れた新聞紙に包んで冷蔵庫で一時保管してください。

気温が低いとき → 冬場など気温が低い場合は、発砲スチロールに入れたまま日光が当たらない場所で一時保管してください。

 

乾燥した状態はあまりよくないので、常に濡れた新聞紙に包まれた状態にしておくことをオススメします。